【2020年9月】脱サラ後の活動報告

こんにちは、32リタイア男です。

私は2020年6月末に会社を退職、つまり脱サラしました。

このブログは、32歳貯金2000万円で脱サラした無職が、稼ぐ力ゼロから生活していくための過程を発信するブログになります。

この記事は、脱サラしてから約3カ月して書き始めました。
そして、最初の2カ月はダラダラと過ごしたため、先行きが思いやられるブログです(;^ω^)

このままではさすがにマズイと思い、9月から本格的に行動開始しました。
…とはいっても収入は0円で、フリーランスとして働くための学習のみとなります。

早く稼ぐスキルを身に付け、収益0円から1円に変わるように頑張りたいと思います。

以下、9月の活動報告です。

目次

9月の活動報告

・progate学習:47時間30分(HTML/CSS/JS/PHP/JQuery/SQL/Sass/CommandLine)

・ブログ記事作成:58時間(29記事)

合計:105時間30分

収益:0円

9月の活動時間
  • Progate学習:47時間30分
    (HTML/CSS/JavaScript/PHP/jQuery/SQL/Sass/CommandLine)
  • ブログ:58時間
    (29記事作成)

合計:105時間30分

収益:0円

Progate学習

私はプログラミング学習として、まず初めに、オンラインのプログラミング学習サービスである「Progate」を利用しました。

Progateによる学習では、自分の力で非常にカンタンなWebページが製作可能なレベルといった感じです。

まだ自分の力でWebページ作成はしていませんが、10月はサイト模写にチャレンジして、LP作成が少しは出来る程度にレベルアップしたいと考えています。

ブログ

ブログについてはまだGoogleアドセンスの審査に合格していません。
記事の価値が低いことが原因です。

ブログについては時間がかかることは認識しているため、ゆっくりやっていくつもりではありますが、毎日更新をして記事の量を増やすより、記事の量は少なくても記事の質を上げた方が良いように感じています。

実際、Youtubeなどで調べて毎日更新より、読者のニーズを満たす記事を書くことが重要とは認識していますが、「質の高い記事を書く」というのは自分で想像していた以上に難易度が高いと実感しました。

しかし、「毎日更新」がどこまで効果があるのかも確認したいため、このブログでは毎日更新を続ける方針で運営し、別にドメインを取得したブログで「質の高い記事」を書くことを目的に運営していこうと思います。

活動の自己評価

会社員時代は、

 「約8時間労働 ✕ 約20日 + 残業時間80時間 = 合計240時間」

を労働に費やしていたことを考えると、大分怠惰になっている状態だと認識しています。
まだ稼ぐための本気度が足らないといって良いかもしれません。

Progate学習

プログラミングで稼ぐようになるためには、「10時間 ✕ 90日 = 900時間」の学習が必要という例も聞いたことがあるため、あと852時間30分学習する覚悟は必要でしょう。

プログラミング自体が楽しいか?という部分については、現状可もなく不可もなくといった状態です。
「もうやりたくない!」というほど嫌いではありませんが、「毎日やりたい!」というほど好きでもないというのが現状です。

それはプログラミングでやりたいと思うことがあっても、今の知識レベルではどうすればやれるのかビジョンが見えないことが理由と考えます。

「好きではないならやめた方が良いのではないか?」という考えもありますが、私は以下の理由からプログラミング学習は継続していきます。

チェックポイント

・自分の価値観マップから、クラウドソーシング(プログラミング関係)は、会社員と比べてストレスが少なく、向いていると考えたため

・まだ自分の力で成果物を作るスキルもない状態で、好き嫌いの判断は早いと考えたため

私の価値観マップに関する内容は、下記の記事にて紹介しています。

あわせて読みたい
フリーランス活動前に準備したこと こんにちは、32リタイア男です。 私は32歳貯金2000万円で脱サラしました。その後、稼ぐ力ゼロの状態から、フリーランスとして稼ぐための勉強をしています。 しかし、個...

また、成果物を1つも作っていない現在の状態で好き嫌いを判断することは、楽器で例えると、まだ1曲も演奏できていない状態でこの楽器が向いていない・好きではないと決めつけるものだと思っています。
私はピアノを演奏することができますが、新しい曲に挑戦するためには気力が必要です。
練習の末に演奏できるようになったときは楽しく、ピアノは好きとはいえる趣味の1つです。

ブログ

毎日更新にこだわるあまり、質が低い記事があるという認識はしています。

収益にこだわるのであれば、質の低い記事を削除し、毎日更新にこだわらずに質の高い記事を提供する方が良いと考えます。
しかし、以下の理由で毎日更新も全くの無駄ではないと考えるため、これからも継続しようと考えます。

チェックポイント

・記事を作成した成果が得られるため、自己肯定感に浸れる

・記事のレイアウトおよびライティング能力が向上する

・記事を毎日書くことでブログが趣味になり、習慣化される

一番のメリットは収益が無くとも、何となく自分が仕事したなという達成感があり、自己肯定感に浸れます。
「そんなものは稼げていないなら無意味だ」という人もいるかもしれませんが、まずは自分で自分を肯定してやることが重要だと、私は考えています。

記事のレイアウトおよびライティング能力は、中々向上しているか実感がつかめない部分ではありますが、記事を書いていると「ここはこういうレイアウトが良いのではないか?」「この文章はおかしいかな?」と疑問に思い、自分なりに改善しようと考えるため、能力自体は向上していると考えます。

ブログ収益化は時間のかかるビジネスです。
収益化のための最短経路というのはあると思いますが、私はブログ記事作成を好きになることの方が収益化よりも重要だと考えいます。

なぜなら、収益化目的だけの場合、ブログが辛くなったときにやめてしまうかもしれないからです。

毎日更新を続けることで、ブログ記事を書くことが習慣化され、趣味の領域に入ってきていると感じています。

質の高い記事を書くには、自分の考えだけでは無理なため色々下調べをする苦労があり、そこが苦痛に感じるときはあります・
しかし、質を求め過ぎなければ、毎日自分の考えを綴ることは大して難しくないはずです。

勿論今後は知識を増やし、読者のニーズを満たせる記事を書くことが課題ですが、初心者である今は知識を増やすことと並行して、記事を毎日書き続けることも重要と考えています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる