【Among Us】初心者から実践できるインポスターのコツ6選!

アクション要素を取り入れた人狼ゲームといわれる「Among Us(アマングアス)」。

クルーメイト(村人)役と比べて、インポスター(人狼)役の立ち回りはとても難しい。

「インポスター(人狼)のコツを知りたい」

この記事では、Among Us(アマングアス)初心者から実践できるインポスターのコツを6つ紹介する。

インポスターが下手だと感じる方は、一度この記事のインポスターのコツを実践してみてほしい。

また、これからAmong Us(アマングアス)を始める初心者の方は、インポスターの立ち回りと合わせて、次の記事もオススメする。

あわせて読みたい
【Among Us】初心者が最初に覚えるべき5つのこと 最近YouTubeなどで話題になっているゲーム「Among Us(アマングアス)」。 アクション要素を含んだ人狼ゲームともいわれるこのゲームは、ルールを知らない方からすれば...

インポスターのコツは次の6つだ。

  • 確実にクルーメイトと思われている人を優先してキルする
  • 容疑者(キルが可能な人)が3人以上になるように立ち回る
  • まわりからインポスターと疑われている人はキルしないようにする
  • 自分をインポスターと疑っている人はなるべくキルする
  • 情報は適度に出す
  • 嘘は必要最小限におさえ、ときには大胆な嘘をつく

上記6つのインポスターのコツを守れば、インポスターがキルする場所はどこでも良いといえる。

初心者の方は、最初はThe Skeld(スケルド)のマップが覚えやすいため、オススメだ。
もし、The Skeld(スケルド)の各場所でのキルの定石を知りたい方がいれば、次の記事を読んでいただきたい。。

あわせて読みたい
【Among Us】The Skeld(スケルド)のキル定石集!【インポスター向け解説】 アクション要素を取り入れた人狼ゲームといわれる「Among Us(アマングアス)」。 Among Us(アマングアス)には複数のマップがあるが、Among Us(アマングアス)のマッ...

インポスターのコツの詳細について、これから詳しく解説していく。

目次

インポスターのコツ6選

確実にクルーメイトと思われている人を優先してキルする

まわりから確実にクルーメイトと思われている人は、Among Us(アマングアス)のような人狼要素のあるゲームでは確実に白い(クルーメイト・村人側)という意味で、「確白」と呼ばれる。

インポスターのコツ6選の中で一番重要なことは、「確白」を優先してキルすることだ。

なぜなら、「確白」を生かしておくと、次のデメリットがあるからだ。

  • 「確白」の証言は疑われないため、まわりから正しい情報と認識される
  • 「確白」は容疑者から外れるため、容疑者が少ない状況ではインポスターが追放されやすくなる

人狼ゲームにおいて、「確白」が生きている状況はクルーメイト(村人)側がとても有利な状況といえる。

そのため、インポスター(人狼)はクルーメイト(村人)有利の状況を覆すため、「確白」を優先してキルしよう!

逆にいえば、インポスター(人狼)が「確白」とまわりから認識された場合は、インポスター(人狼)側がとても有利な状況といえる。

容疑者(キルが可能な人)が3人以上になるように立ち回る

インポスターのコツ6選の中で、「言うことは容易いが、実行が最も難しいコツ」が、容疑者が3人以上になるように立ち回ることだ。

「なぜ3人以上なのか?」

それは、容疑者が2人だけの場合、両方を追放(ローラー)することで、確実に1人のインポスターが追放されるからだ。

そのため、クルーメイトの人数の多い序盤のキルは、容疑者が3人以上になるようにキルしなければならない。

容疑者を増やすためのポイントとしては、次の2つが挙げられる。

  • 死体の発見を遅らせる(全員のアリバイが曖昧になる)
  • 犯行現場(キルした場所)の付近に複数のクルーメイトがいる

死体の発見を遅らせる方法としては、サボタージュを活用しよう。

死体場所のドアを閉めたり、サボタージュで死体とは逆方向に向かわせることがインポスターの立ち回りでは重要となる。

また、犯行現場(キルした場所)の付近に複数のクルーメイトがいる場合、自分が容疑者になったとしても、その場で追放される可能性は低くなる。

代表的なキルとしては、停電サボタージュを修理するため、複数人が密集している中でのゴチャキル(人がゴチャゴチャしている中でのキル)が挙げられる。

キルした本人も疑われるが、その場にいた全員が容疑者になり、停電中は有効な目撃証言も得られにくいため、容疑者が絞りにくいキルとなる。

ただし、キルを重ねていくごとに容疑者が絞られていくため、死体の発見を遅らせることの方がインポスターとしては重要と考える。

まわりからインポスターと疑われている人はキルしないようにする

「確白」は優先してキルするのがインポスターの鉄則だが、逆にいえば、まわりからインポスターと疑われている人のキルは後回しにするべきだ。

なぜなら、インポスターと疑われている人を残しておけば、自分がキルしなくても議論で追放される可能性があるからだ。

とくに、人数の少ないゲーム終盤では、インポスターと疑われている人が多いほどインポスターの勝率は上がる。

インポスターに慣れた人は、誰をキルするかを考えながらプレイしよう!

自分をインポスターと疑っている人はなるべくキルする

議論で自分をインポスターとして疑っている人がいる場合、その人の印象を覆すのは難しい。

そのため、自分を疑う人が終盤まで生存していた場合、議論で詰められやすく、追放されやすくなる。

自分をインポスターと疑う人が「確白」のポジションであれば、優先してキルすることをオススメする。

自分をインポスターと疑う人が「確白」ではない場合、容疑を擦り付けることも可能だが、両方追放(ローラー)される可能性が高いため、自分をインポスターと疑う人はなるべくキルする方が無難ではある。

情報は適度に出す

インポスターの上手さが問われるのが、議論でどこまで情報を出すかだ。

発見された死体の正確な情報を出せるのは、実際にキルしたインポスター本人だが、正直に全ての情報を出してしまうと、容疑者は自分1人に絞られてしまう。

しかし、情報を全く出さず、自分の行動経路さえ証言できない場合も、まわりからインポスターだと疑われてしまう。

そのため、自分が容疑者として疑われない程度に情報を出す必要がある。

重要な情報は次の3つだ。

  • 死体発見時の自分の最終位置
  • 自分の行動経路
  • 自分が目撃した人の情報

これらの情報はできるだけ真実を話す方が無難だが、最終位置や行動経路が死体付近の場合は、インポスターだと疑われる可能性が高い。

正直に話すとインポスターだと疑われる場合は嘘をつく方が良いが、証言に矛盾が生じてもインポスターとして疑われる。

そのため、なるべく真実を話し、伝える情報は必要最小限にとどめるのが、インポスターの腕の見せ所となる。

議論時間は限られているため、関係ない方向に議論を進めて時間を浪費するのも1つの方法だ。
しかし、意味のない議論をし過ぎてもインポスターとして疑われるため、気を付けよう。

嘘は必要最小限におさえ、ときには大胆な嘘をつく

インポスターは、嘘をつかずにまわりから「確白」と認識されるのが理想だ。

しかし、インポスターが正直に話して「確白」と認識されるケースは滅多にない。

多くの場合、インポスターは自分の最終位置や行動経路、目撃情報などで嘘をつく必要がある。

なるべく正直に話す方が矛盾が生じにくく、クルーメイトとして見られやすいが、嘘をつくと決めたなら大胆な嘘をつくのも良い。

たとえば、【クルーメイト3人・インポスター1人】の盤面の場合、自分以外にインポスターとして疑われているクルーメイトがいれば、そのクルーメイトの近くで別の人をキルして、そのクルーメイトが犯人だと嘘をつくことが代表的な手法である。

賭けにはなるが、容疑者が2人だけの場合は、容疑を片方に擦り付けるのがインポスターの王道といえる。

それ以外では基本的に、容疑者が自分を含めて2人以下になりそうな場合は、容疑者が増えそうな嘘を考えて、できるだけ容疑者が増えるように立ち回ろう。

まとめ

以上、初心者から実践できるインポスターのコツを6つ紹介した。

Among Us(アマングアス)を含む人狼要素のあるゲームは、容疑者を増やして犯人を特定しにくくするのが、インポスター(人狼)の立ち回りのキモとなる。

この記事で紹介したインポスターのコツ6選は全て、「容疑者を増やして犯人を特定しにくくすること」に繋がる方法といってもよい。

そのため、容疑者を絞らせない立ち回りができれば、インポスター(人狼)が上手い人といえるだろう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる