【ネタ記事】進次郎構文から始めるSEO対策

Twitterでよくネタとして取り上げられる政治家、小泉進次郎氏の「進次郎構文」について、「SEO対策に効果がある」という噂が上がったため、この記事では現在事実関係を調査しています。

「進次郎構文」とはとくに、同じ言葉の繰り返しや自明のことを言い換えた発言内容を指します。

進次郎構文が「SEO対策に効果がある」とうそぶいた32リタイア男氏は、SEOを次のように解説しています。

32リタイア男

SEO(Search Engine Optimization)とは、SEO(検索エンジン最適化)ということなんです!

単純に英語を日本語に言い換えただけの自明の解説をしており、この32リタイア男氏の発言がいわゆる「進次郎構文」といえます。

この記事では、進次郎構文について研究しており、「進次郎言語学」の第一人者である32リタイア男氏より、進次郎構文のSEO対策効果について解説いただきます。

※注意事項
この記事はネタ記事です。記事の随所に事実と異なる内容がございます。
政治家の小泉進次郎氏の発言をネタにしていますが、決して本人をけなす意図で執筆したものではありません。
むしろネタを提供いただき感謝しております。(本人的には不服かもしれませんが…)

目次

SEO対策とは、SEO(検索エンジン最適化)対策ということです

32リタイア男

検索エンジン最適化とは、検索エンジン(主にGoogle検索)の最適化ということです!

SEO(検索エンジン最適化)とは、インターネット上でキーワードを検索したユーザーに対して、検索エンジン側が最適なコンテンツ(記事)を返すことを指します。

SEO対策とは、自分のコンテンツ(記事)が最適なコンテンツとして、ユーザーの検索画面の上位に表示されるような対策を指します。

SEO対策したいということは、SEO対策をしているというわけではないです

32リタイア男

SEO対策の上位表示とは、検索で上位に表示されるということです!

検索で上位に表示されるためには、上位表示させたい検索キーワードの選定が重要です。

32リタイア男

検索キーワードとは、インターネットで検索される文字のことです!

競合が多い検索キーワードで上位表示できれば収益化しやすいですが、上位表示は難しいです。

SEO対策をしたい、つまりは検索で上位表示をしたい方は、現在検索で上位表示されているという方ではないです。

たとえば、この記事では、「進次郎構文」や「SEO」がキーワードといえます。
このキーワードでSEO対策をしたい場合、代表的なものとして、次の対策が挙げられます。

  • 記事内でキーワードを用いること
  • ユーザーファーストの記事を書くこと

記事内にキーワードがなければ、検索キーワードとして認識されません。
逆に、ユーザーが迷惑に感じるほどキーワードを詰め込み過ぎても、SEO対策に悪影響を及ぼします。

キーワード詰め込みとは、コンテンツ(記事)内にキーワードを詰め込むことです

キーワード詰め込みの代表的なものとしては、上位表示のためにコンテンツ(記事)内に意味なくキーワードを羅列することが挙げられます。

コンテンツ(記事)内にキーワードは多用する方が良いですが、意味なく詰め込み過ぎないバランスが重要となります。

「進次郎言語学」第一人者の32リタイア男氏は、この二律背反した問題の解決法として、「進次郎構文」の使用を提唱しています。

32リタイア男

進次郎構文は同じキーワードの羅列でも、意味のある羅列と解釈される

「進次郎構文を用いることで、SEOに悪影響を及ぼすことなく、1つのキーワードを2回使用できる!」

SEO対策に適した画期的な構文だと、32リタイア男氏はうそぶいております。

この記事内でも、「SEO」というキーワードがゲシュタルト崩壊するほど使われてますが、進次郎構文を用いることで、これらは全て意味ある羅列と捉えられるんですね〜。(棒読み)

ユーザーファーストの記事とは、ユーザーを1番に考えた記事ということです

最近のSEOでは、ユーザーファーストの記事が重要視されています。
ユーザーが必要とする情報を提供する記事であることが重要なわけですね。

この記事は「SEO」を題材にしていることから、ユーザーが必要とするSEO対策の有益情報提供記事のはずです。
そのことについて、32リタイア男氏に伺ったところ、次のように供述しています。

32リタイア男

「ネタ記事」「進次郎構文」のキーワードからユーザーファースト考えたら、情報よりもユーモアでしょう?

キーワードは2回使います。大事なキーワードだから2回使うんです。

32リタイア男

進次郎構文は同じキーワードを2回使いたいから、同じキーワードを2回使うんです。

ユーザーが迷惑に感じるほどキーワードを詰め込んでも、「進次郎構文だから」の一言で許される…。

この進次郎構文の特徴が、進次郎構文がSEO対策に効果がある秘訣だと、32リタイア男氏はうそぶきます。

なお、32リタイア男氏が進次郎構文を知ったのは最近のことであり、「進次郎言語学」の第一人者は自称であるという意見が多数寄せられており、氏の証言の専門性・権威性・信頼性には疑問が持たれます。

SEO対策では、記事の専門性・権威性・信頼性が重要視されており、この記事が「SEO」のキーワードで上位表示されることはないものと思われます。

以上、32リタイア男の進次郎構文による、32リタイア男の進次郎構文に関する記事でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる