【副業】未経験からブログ・せどり・プログラミングで月1万円を稼ぐ道のりと体験談

こんにちは。32リタイア男です。

私は32歳で会社を辞めて、未経験からブログ・せどり・プログラミングを始めました。
そして、それぞれの副業で月1万円の収益を達成できました。

この記事では、ブログ・せどり・プログラミングの副業で月1万円を稼いだ道のりと、各副業で苦労したなどの体験談を紹介します。

この記事は、以下のような人に向けて書いています。

  • 脱サラして、フリーランスで働きたい
  • スキルゼロの未経験から稼ぐ方法を知りたい
  • 未経験から稼いだ人の体験談を知りたい

この記事で紹介する内容は以下のとおりです。

  • ブログ・せどり・プログラミングの副業で月1万円を稼ぐまでに必要な学習時間
  • ブログで月1万円稼ぐまでの道のり
  • せどりで月1万円稼ぐまでの道のり
  • プログラミングで月1万円稼ぐまでの道のり
  • 未経験から最短で月10万円稼ぐための方法
  • それぞれの副業を経験して感じたこと

結論として、私は副業で月1万円稼ぐまで、ブログで413時間、せどりで98時間、プログラミングで428時間かかりました。

時給千円のアルバイトなら、10時間働けば稼げる金額ですが、未経験から副業で稼ぐ場合、月1万円稼ぐのに最低でも100時間働く覚悟は必要でしょう。

悩む人

副業よりもアルバイトの方が稼げるのでは?

32リタイア男

最初はアルバイトの方が稼げるけど、副業は努力次第で収益が増えるよ。

もしも副業で、未経験から最短で月1万円以上稼ぎたい場合は、せどりがオススメです。

しかし、最短で稼ぐならせどりがオススメですが、ブログやプログラミングよりも優れている副業というわけではありません。

この記事では、ブログ・せどり・プログラミングでそれぞれ月1万円を稼いだ私が、それぞれの副業の道のりと体験談を記載しています。

未経験から副業で稼ぎたいと考えている方の参考になれば幸いです。

目次

未経験から副業で月1万円稼ぐために必要な時間

未経験から副業で稼ぐためには、まず稼ぐためのスキルを身につける必要があります。
ブログ・せどり・プログラミングなど、副業によって求められるスキルは異なります。

ブログなら、記事を書き続けるスキル・検索で上位表示させるスキル・アフィリエイトで成約を得るスキルが挙げられます。

せどりなら、利益商品を探すスキル・販売手続き(販路の登録・梱包・発送など)をおこなうスキル・元手となる購入資金が挙げられます。

プログラミングなら、Webページやアプリを作成するスキル・顧客の悩みを解決する提案力・自分のスキルを売るための営業力が挙げられます。

スキルを既に持っている、または求められるスキルに適正があれば、未経験からでも早く稼げるようになるでしょう。

しかし、未経験から副業で月1万円稼ぎたい場合、せどりなら100時間、ブログやプログラミングなら400時間は費やす覚悟は必要です。

副業で収入0円→1円を達成するまでのハードルは高く、多くの人は時給100円以下の仕事となるでしょう。

そして、勘違いされやすいですが、→1円を達成すれば、あとは楽に稼げるわけではありません。

副業収入を上げることは、筋トレと同じです。
腕立て伏せが1回もできない人が1回できるようになれば、あとは楽に腕立て伏せが1万回できるようになるでしょうか?
毎日筋トレを継続することで、徐々にできる回数が増えていくはずです。

同じように、副業収入の0円→1円を達成すれば、次に1円を得るための労力は楽になるでしょう。
しかし、1円→1万円を達成するためには、0円→1円を達成する以上の努力と継続が必要です。

ブログで月1万円稼ぐまでの道のり

ブログはスキルを身につけて稼ぐまでの時間が長く必要ですが、稼げるようになれば収入は青天井に上がる希望があります。

私がブログで月1万円稼ぐまでに必要だと感じるスキルは、以下の3つです。

  • 記事を書き続ける継続力
  • 検索で上位表示させるためのライティング能力・競合調査力
  • 収益性のあるアフィリエイト案件を選定するマーケティング能力

ブログは文字を書くだけの仕事と考える方が多いと思いますが、どのような記事が検索で上位表示されやすいか調べる作業の方が重要と考えます。

競合の強いジャンルと内容の記事を書き続けても、月1万円を稼ぐことは難しいでしょう。
しかし、競合の少なく、収益性の高いアフィリエイト案件があるジャンルで、成約に繋がりやすい記事を書くことができれば、月1万円は努力次第で早く達成できます。

雑記ブログと特化ブログのどちらが良いかについては、月1万円を稼ぐまでが目標の場合は、雑記ブログをオススメします。

なぜなら、いろいろなジャンルの記事を書くことで、自分が稼ぎやすいジャンルの記事を見つけることができるからです。

ただし、特化ブログで始めても、うまくいかない場合は雑記ブログに修正しやすいため、特化ブログから始めたい方は特化ブログで始めて良いと考えます。

月1万円稼ぐうえで重要なことは、収益性のあるアフィリエイト案件に関する記事を検索で上位表示させるスキルを身につけることです。

雑記ブログの方が多くのジャンルに挑戦しやすく、スキルを身につけやすいためオススメしていますが、収益を伸ばすことを考えるなら特化ブログの方が良いでしょう。

私の場合は、以下の人狼系の記事で検索上位表示できた経験から、SEOライティングスキルが身につきました。

しかし、検索上位表示できた記事でも、収益性のあるアフィリエイト案件がなければ収益には繋がりにくいです。

記事へのアクセスが多ければ、アドセンス収益で稼ぐことは可能ですが、月1万円を目指す場合はアフィリエイト収益を考えた方が良いでしょう。

私がブログで月1万円を稼ぐまでの道のりは、以下のようなものでした。

  1. ブログを始めて約2ヶ月間毎日更新
  2. Googleアドセンス審査合格
  3. 人狼系記事の検索上位表示達成
  4. Googleアナリティクスとサーチコンソールを活用したブログ分析実施
  5. 広告の掲載方法改善

ブログを始めて約2ヶ月間は、毎日更新を実施しました。
しかし、毎日更新を実施しても、アクセス数は1日1桁程度でした。

毎日更新をすることで、ブログで記事を書く継続力とライティング力は鍛えられたと感じるため無駄ではありませんでしたが、毎日更新すれば稼げるわけではないと実感しました。

ブログを始めて約3ヶ月間、この期間内に何度かGoogleアドセンス審査は申請しましたが、審査に落ち続けました。
質の悪い記事を削除などの対策を行うことで、ブログ開始から約3ヶ月後にようやくアドセンス審査に合格しました。
詳細は以下の記事に記載しています。

この頃から、記事の量より質を重視するようになり、毎日更新をやめました。

記事の質を重視しつつ、書きたい記事を書いていくうちに、いくつかの記事で検索上位表示ができました。
そして、ブログを始めて約9ヶ月目にして、月間1,000PVを達成できるようになりました。

月間1,000PVを達成した詳細については、以下の記事で解説しています。

月間1,000PVを達成するまでに、自分が書きやすい内容で、なおかつ読者に有益となる記事を意識しました。

また、Googleアナリティクスやサーチコンソールなどの分析ツールを使用することで、どのようなジャンルや書き方で検索上位表示がされやすいか、分析しました。

そして、ブログを始めて約1年後に月1万円を達成しました!

結論としては、「検索上位表示される記事を考案→記事作成→SEO分析→記事改善」というPDCAを継続することで、月1万円は達成できると考えます。

せどりで月1万円稼ぐまでの道のり

せどりは資金や単純労働が必要ですが、必要なスキルは誰でも身につけやすいため、短期間で稼げる傾向があります。

私がせどりで月1万円稼ぐまでに必要だと感じるスキルは、以下の4つです。

  • 元手となる購入資金
  • 赤字(損失)が出ても耐えられる精神力
  • リサーチや梱包などの泥臭い作業に耐える忍耐力
  • 店舗や販路の規約改定やキャッシュフロー最新情報をチェックする情報収集力

まず、せどりで一番重要なのは、元手となる購入資金です。

せどりは、一般価格より安く購入した商品を一般価格で販売して、その差額を利益とする仕事です。
そのため、購入資金が少なければ、当然稼げる金額も少なくなります。

また、せどりでは、不良在庫や返品による損失が出ることは避けてはとおれません。
せどり手法によっては、月額費用がかかるものもあり、最初に身銭を切って勉強する仕事となるでしょう。
そのため、損失が出るリスクに耐えられない方は、せどりには不向きだと考えます。

また、せどりの作業は、安い商品のリサーチや梱包などの泥臭いものが多いです。
ブログで記事を書いたり、プログラミングでプログラムを作ることに魅力を感じる方にとっては、魅力を感じにくい作業でしょう。
しかし、作業に求められるスキルの難易度は低いため、誰でも稼げる可能性の高い仕事ともいえます。

最後に、せどりで安定して稼いでいくためには、情報収集力が必須です。
店舗の相場変動や販路の規約改定がされることで、仕入れていた商品が稼げなくなることもあります。
また、自分のキャッシュフロー状況を把握していないと、現金が足りなくなったり、実際は赤字になっていることもあります。

せどりは自分のスキル以上に、店舗や販路の情勢が収益に影響しやすいため、最新情報をリサーチする能力が高い方が有利です。

私がせどりで月1万円を稼ぐまでの道のりは、以下のようなものでした。

  1. ポイントせどりを開始
  2. Amazonセラー・Keepaへの登録
  3. 商品のリサーチ
  4. 商品の仕入れ・梱包・発送

せどりで月1万円を稼ぐまでに取り組んだことは、せどりをやる方が誰でもおこなう一般的な作業を繰り返しただけでした。

私のスキルや能力はあまり関係なく、利益商品が見つかるまでひたすらリサーチして、あとは仕入れて梱包、発送するだけという単純作業です。

そして、私はせどりを始めて約3ヶ月程度の短期間で月1万円を稼ぐことができました。

せどりが稼ぐために必要な時間が短い理由は、以下の3点が挙げられます。

  • 商品の価値がわかりやすい
  • 販路が信頼性を担保してくれる
  • 専門的な知識が求められることが少ない

ブログの記事や、プログラミングで作成したプログラムの価値については、人によって付ける価値が異なるため、売り方が難しいです。

しかし、せどりで扱う商品は、一般市場に出回っているものが多いため、価値が安定しています。

また、メルカリやAmazonなどの販路を使うことで、きちんとした商品が届くという信頼性をある程度担保してくれます。

どの副業でも、稼ぐためには顧客からの信用が大事です。

せどりの場合、販売商品と販路の価値を信用して購入する顧客が多いため、自分自身の信用がなくても稼げるという点が短期間で稼げるようになる最大の要因と考えます。

また、せどりの作業内容は、泥臭いものが多いですが、専門知識を求められることが少なく、誰でもできる単純作業が多いことも早く稼ぎやすい要因の1つです。

私は初心者が最初にせどりに取り組むなら、ポイントせどりをオススメします。
また、ポイントせどりを始める前に、以下の記事を読むことをオススメします。

販路については、メルカリやAmazonなどがありますが、月額費用がかかっても安定して販売したい場合は、Amazonで大口出品者登録することをオススメします。

また、せどりの手法にもよりますが、購入価格の10%の利益を目標に商品をリサーチすることが良いと考えます。
利益率を高く設定すると、リサーチに苦労します。
利益率を低く設定すると、労力に見合った収益を稼ぎにくいでしょう。

結論としては、せどりをやる方が誰でも取り組む一般的な作業を繰り返すことで、月1万円は達成できると考えます。

ただし、商品が売れても現金収支(キャッシュ)が赤字の場合はあるので、在庫と帳簿管理に注意しましょう。

プログラミングで月1万円稼ぐまでの道のり

プログラミングはスキルを得る難易度が高く、身につけたスキルを売るための営業力も必要ですが、高単価の仕事を得やすい傾向があります。

私は脱サラして未経験から副業を始める際に、まずはプログラミングで稼ぎたいと考えていました。

それは、プログラミングが好きな時間・好きな場所で作業でき、人との関わりが少ない仕事だと考えたからです。

脱サラしてフリーランスのプログラマーを目指す方は多いですが、私と同じような理由の方が多いと思います。

しかし、プログラミングは好きな時間・好きな場所で作業しやすいですが、人との関わりは多い仕事だとプログラミングで稼げるようになって実感しました。

私がプログラミングで月1万円稼ぐまでに必要だと感じるスキルは、以下の4つです。

  • わからないことを自分で調べて解決する検索力
  • 顧客の悩みを解決する手法を提示する提案力コミュニケーション能力
  • プログラムを理解し、コードを記述するための理解力
  • 自分のスキルを顧客に販売するための営業力

まず、プログラミングで稼ぎたい場合、わからないことは自分で調べて解決する検索力は必須です。

プログラミングで稼ぐ場合、プログラミングスクールへ通うことを検討する方が多いですが、スクールに通うだけでは検索力は身につかないため、まずは「Progate」などのオンライン学習サービスで自力で問題を解く力を身につけることをオススメします。

オンライン学習サービス「Progate」の学習方法については、以下の記事で解説しています。

スクールに通うことが悪いというわけではありません。
スクールに通えば、効率的に学習できるというメリットはあると思います。

しかし、プログラミングで稼ぐ場合は、自力で調べて解決する能力はほぼ必須のため、ある程度自走できる能力が必要です。
検索力や自走力は教えてもらって身につくものではないため、自分の意志で鍛える必要があります。

また、プログラミングはあくまで手段であり、目的の多くは顧客の悩みを解決することにあります。
「特定の情報を抽出してまとめたい」という悩みに対して、プログラミングでの解決案やメリットを提示する提案力やコミュニケーション能力があれば、案件を獲得しやすくなります。

次に、プログラムを理解し、コードを記述するための理解力が必要です。
プログラミングは向き不向きがあるといわれますが、パズルや数学的な要素が含まれているのが要因だと私は考えます。
機械学習などの専門分野を除けば、数学的知識はあまりいりませんが、論理的な思考能力は必要になります。
理系の勉強が苦手な方には、プログラミングが向いていない可能性が高いかもしれません。

最後に、プログラミングのスキルを身につけただけでは稼げません。
なぜなら、スキルを身につけたあなたが、具体的に何ができるのか顧客にはわからないからです。
そのため、顧客に対して、自分がどんなことをできるのかアピールする営業力が必要です。

一番カンタンな営業方法は、プログラミングでポートフォリオ(成果物)を作ることだと考えます。
私はプログラミングの勉強と並行して、ポートフォリオを作成することで、プログラミングを始めて約半年で初案件を獲得できました。

案件獲得の詳細については、以下の記事で解説しています。

私がプログラミングで月1万円を稼ぐまでの道のりは、以下のようなものでした。

  1. 「Progate」でプログラミング学習を開始
  2. プログラミングが求められるコミュニティに所属
  3. 自分が作ってみたいプログラムを製作(ポートフォリオとして掲載)
  4. コミュニティで悩みを抱える方に解決案を提案

プログラミングで稼ぐためには、スキルと信頼が重要だと考えます。

スキルについては、私は「Progate」や自分が作りたいプログラムを独学で製作することで身につけました。
しかし、信頼については、スキル以上に得るのが難しいものです。

そのため、オフラインまたはオンラインでも良いので、コミュニティに所属して人と関わることが重要だと考えます。
つまり、人脈をつかって案件を獲得することをオススメします。

私は案件獲得のためだけにコミュニティに入っているわけではありませんが、コミュニティで話す方々とは良い関係性が築けていると考えます。
コミュニティで知り合った方で、たとえば、「ホームページを作りたい」という悩みがあれば、格安で請け負うことも可能でしょう。

なぜなら、スキルとは別に、それまでの関係性における信頼をもとに、依頼してくれるケースがあるからです。

もちろん、スキルも重要なので、自分がどんなことができるのか、ポートフォリオを製作することが重要です。

結論としては、プログラミング学習と並行して、人脈を作り、仕事を依頼してもらえる信頼関係を構築することで、月1万円は達成できると考えます。

未経験から最短で月10万円稼ぐための方法

SNSでは、「未経験から数ヶ月で月収10万円以上稼げるフリーランスになる方法!」のような話をよくみます。

ここからは、月1万円の収益からさらに進んで、月10万円稼ぐための方法を考えていきます。
しかし、やることは月1万円を稼ぐための道のりと大きく変わりません。

もしも私が、未経験から数ヶ月で月収10万円稼ぎたい人に副業をオススメするなら、せどりで以下のやり方を実践します。

  1. せどりの購入資金として、200万円程度準備する
  2. 利益率が10%以上取れる商品をリサーチして購入する
  3. メルカリやAmazonなどの販路で販売する
  4. 購入資金で購入した商品が全て売れれば、粗利20万円が稼げる

販路の手数料や売れ残りはあるでしょうが、上記のステップで未経験からでも、月収10万円は達成できるでしょう。

ただし、利益が10%以上取れる商品のリサーチに数千時間以上は必要でしょう。

店舗やショッピングサイトの商品を1品ずつ見て回り、メルカリやAmazonなどの販路の価格と比較し、利益率が10%以上取れるかリサーチする作業を、10万円稼げるまでひたすら繰り返します。

おそらく、利益率が10%以上取れる商品は、100〜1000個リサーチして1個見つかるレベルでしょう。
商品の価格次第ですが、購入資金200万円の場合、1商品平均1万円と仮定して、利益率10%の商品を200個見つける必要があります。

1品のリサーチにかかる時間を5分と仮定しても、利益率10%以上の商品を200個見つけるまで、1,667時間〜16,667時間かかる予想です。

1日20時間のリサーチを90日間(約3ヶ月間)毎日続ければ、ほとんどの人は最低でも月1万円は稼げるようになるでしょう。

ここまでの内容を見て、「そもそも資金がない」「そんな泥臭い作業をするなら、他の仕事が良い」と感じる方もいるでしょう。

しかし、未経験から最短で稼ぎたい場合は、個人的には上記の手法が再現性の高い稼ぎ方だと考えています。
好きな仕事で稼ぎたいという条件と、未経験から最短で稼ぎたいという条件がマッチする可能性は低いと考えます。

ブログ・せどり・プログラミングの副業経験から感じたこと

私は、ブログ・せどり・プログラミングの副業を始めて、そろぞれ1年以内に月1万円を達成しました。
月1万円の達成まで、ブログで1年、せどりで3ヶ月、プログラミングで半年程度の時間がかかりました。

そのため、会社で働きながら副業を考えている方は、まずはどれか1つの副業に絞って取り組むことをオススメします。

複数の副業に並行して取り組むのは、脱サラして無職になった私でも大変です。

早く副業で稼ぎたい場合は、まずは1つの副業に絞って取り組みましょう

ブログ・せどり・プログラミングの副業はそれぞれ一長一短あります。

私がブログをオススメするのは、以下のような人です。

  • 執筆が苦にならない人
  • 継続力のある人
  • 現状分析ができる人
  • 長期間収益が得られなくても耐えられる人

ブログは収益化までが苦労しますが、収益を得られるようになると不労所得に近いため、継続できる人にはぜひチャレンジしていただきたいです。

私がせどりをオススメするのは、以下のような人です。

  • 元手となる資金がある人
  • 赤字(損失)に耐えられる人
  • 単純作業が苦にならない人
  • 新しい情報をキャッチできる人

せどりは収益化が早いため、副業で早く実績を出したい方にはオススメですが、時間単価を上げようとすると外注するなどの苦労があると思います。
最初は単純作業ですが、そこからステップアップするとなると、苦労が多いかもしれません。

私がプログラミングをオススメするのは、以下のような人です。

  • 自分で調べて解決する検索力・自走力のある人
  • 論理的思考が得意な人
  • 問題を具体化し、解決案を示す提案力・コミュニケーション能力のある人
  • 自分のスキルを売るための営業力がある人

プログラミングはスキルと顧客からの信頼が得られれば、高単価な仕事ができると思います。
スキルは時間をかけて勉強すれば身につきますが、信頼を得る方法をどのようにするかが1番の課題かもしれません。

以上、未経験からブログ・せどり・プログラミングの副業で月1万円稼いだ私の体験談でした。

これから未経験から副業を始める方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる