【conoHaWing】SSLが有効化できない状況の対処法

こんにちは、32リタイア男です。

現在、独学でブログを約1年継続し、4桁収益・4桁PVを達成しました。
ブロガーとしてはまだまだ初心者ですが、そんな初心者だからこそ、初心者ブロガーさんが抱えそうな悩みを記事にしていきたいと思います。

今回の記事は、conoHaWingでSSLを有効化できない原因と対処法に関する記事です。

悩む人

conoHaWingのレンタルサーバーを契約したけど、SSLが設定できないよ〜!

32リタイア男

下のconoHaWingの公式サイトで、「WordPressかんたんSSL化」の方法は試してみた?

https://support.conoha.jp/w/wordpress_ssl/

悩む人

試してみたけど、共有SSLがどうとかで、SSL有効化ができないよ〜!

32リタイア男

その場合は、サイトのURLの末尾が「conohawing.com」になっていないか確認してみよう!

conoHaWingでブログを始めたばかりの方は、初期ドメイン(conohawing.com)を使っていることがあります。

https://support.conoha.jp/w/subdomain/

初期ドメイン(conohawing.com)には以下の問題があるため、これからブログで稼ぐことを考えている場合は、独自ドメインの利用をオススメします。

チェックポイント

・独自SSLが使えない(conoHaWingでSSLを有効化できない)

・Googleアドセンス申請が拒否される

conoHaWingでSSLを有効化できない場合、まずは自分のブログサイトのURLの末尾が「conohawing.com」になっていないか、確認してみましょう。

もしも、初期ドメイン(conohawing.com)を使用していた場合、これから説明する対処法を実施することで、独自SSLおよびGoogleアドセンス申請ができるようになります。

目次

SSLを有効化できない場合の対処法

ブログのサイトを開いたとき、URLを表示するアドレスバーに「保護されていない通信」と出ることがあります。

それは、サイトのURLが「https://」ではなく、「http://」となっていることが原因です。

SSLの有効化は、簡潔にいえば、URLに「https://」を使用でき、セキュリティを改善することができます。

しかし、サイトのURLの末尾が「conohawing.com」の場合、以下のサイトで説明している「SSL有効化」が使えません。

https://support.conoha.jp/w/wordpress_ssl/

理由は、独自SSLではなく、共有SSLを利用しているからです。

共有SSLの説明は省きますが、つまりは、初期ドメイン「conohawing.com」を利用していることが原因です。

そのため、対処法は、独自ドメインを取得することです。

conoHaWingの「WINGパック」で契約された方は、無料で独自ドメインが2つもらえます。

以下のサイトで、無料独自ドメインの取得方法を記載しているため、参考にしてみてください。

https://support.conoha.jp/w/presentdomain/

ドメインは一度設定すると変更できないため、注意しましょう!

もしも、無料独自ドメインが使えない、もしくはドメイン名に「.jp」などを設定したい場合は、お金はかかりますが、有料ドメインを利用しましょう。

有名なドメイン取得サイトとしては、

お名前.com

が1年目の費用が安く、お試しで取得するには最適だと思います。

契約方法により異なりますが、有料ドメインは基本的に買い切りではなく、毎年更新料がかかるため注意しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる