脱サラした後にやりたいこと5選

こんにちは、32リタイア男です。

私は32歳貯金2000万円で脱サラしましたが、稼がずに老後まで生活するには不安な状態です。

この記事では、そんな貯金が心許ない私が、脱サラ後にやりたいこと、欲をいえば、やりたい仕事を紹介します。

突然ですが、あなたの趣味は何ですか?

旅行・ゲーム・読書・飲み歩きなど、人それぞれ好きなことがあると思います。

さて、次の質問ですが、あなたの趣味の中でお金を稼げそうな趣味はありますか?

この質問には、ほとんどの人が「ありません」と答えると思います。

よく「自分には趣味がない」と言う人がいますが、それは「趣味がない」のではなく、「稼げるほどの趣味が無い」ということだと私は考えています。

この記事では、次のポイントについて紹介します。

チェックポイント

・「趣味がない人」には会社生活は辛い

・稼げる趣味の作り方

・脱サラした後にやりたいこと5選

目次

「趣味がない人」には会社生活は辛い

これは私の偏見ですが、「趣味がない人」は会社の仕事も楽しくやれていないはずです。

なぜなら、趣味がないのであれば、会社を選んだ理由も「好きなことがしたい」という理由ではないからです。

ただし、趣味ではなくとも、「人に教えるのが好き」という性格の人であれば、教師やコンサルタントなどの仕事は楽しくできるかもしれません。
ここでは、そのような「会社の仕事に向いた性格」ではないことを前提として書いています。

もちろん、好きなことだけやれる仕事というのは世の中にはほとんどありませんし、好きではない仕事をすることが悪いわけではありません。

しかし、そういう人は日々の生活費を稼ぐために、毎日辛い仕事に耐えていると思います。
実際、サラリーマン時代の私がそんな人間でした。

「会社が辛いから辞めたい・・・」

そんなことを毎日考えるけれど、辞めた後はどうするのか?
そんな考えが付き纏います。

私は「稼げるほどの趣味が無い」人間のため、会社を辞めてもやりたい仕事というのはありませんでした。
私はゲームや読書が好きですが、それが仕事に繋がるかというと難しいでしょう。

しかし、私のような人間は会社を辞めて別の仕事に転職したとしても、よほど人間関係に恵まれない限りは、また辛い思いをするだろうと思いました。
それは、私の場合は好きでは無い仕事をしても、仕事の経験が身に付かず成長しないためです。
そもそも、サラリーマンとしての生活が向いてなかったこともあります。

そのような思いから、転職してサラリーマンを続けるより、フリーランスとして働けるように自分自身のスキルアップが必要だと考えました。
幸い貯金はありましたので、貯金が尽きる前にフリーランスとして働けるほどのスキルを身に付けるという覚悟を持って、会社の退職を決意しました。

稼げる趣味の作り方

私は「稼げる趣味」が無かった人間ですが、9月からブログとプログラミング学習を続けており、段々とその2つが趣味になってきている感覚があります。

まだ「稼げる趣味」にはなっていませんが、「稼げる可能性のある趣味」にはなっていると考えます。

そうした私の経験から、今は「稼げる趣味」の無い人でもこれから趣味を作ることは可能です。

私なりの「稼げる趣味の作り方」のコツとしては、まずは「自分がやりたいことをやる」ということです。

私のブログの運営およびプログラミングの学習は、稼ぐことだけを目的とした場合、最短ルートで進めているとは言えません。

ブログであれば、私のリタイア後の生活を綴るより、アフィリエイトで稼ぎ易いコンテンツについて勉強して、それに関する特化ブログを作った方が早く収益化が見込めるでしょう。

プログラミングについても、ゲームを製作するより、LPコーディングに関する学習を優先して行い、LP作成の案件を受諾できるように勧める方が早く稼げると思います。

そうした最短ルートのやり方はあとあと必要になるとは思います。

しかし、フリーランスとして働くなら、最短ルートで稼ぐスキルを身に付けるより、楽しみながらスキルを身に付ける方が良いと考えます。
これは私に貯金があり、今すぐ稼ぐ必要性が低い故の考え方ではありますが、知識を身に付ける上で楽しみながら学習するのは、非常に重要な要素です。

そのような考えから、私はゲームが好きなので、プログラミングでゲームを作るのは楽しめると考えて、まずはYoutubeで紹介されていたゲームの模写コーディングではありますが、下記記事のようなゲーム製作を始めました。

あわせて読みたい
JavaScriptによるテトリス製作① こんにちは、32リタイア男です。 この記事では、YoutuberであるAkichonさんの下記動画をベースに、JavaScript(JS)による自作テトリス製作時の気付き・トラブル事例を...

旅行好きな人であれば、旅先の経験で収益が見込めそうな内容をブログにするのも良いと思います。

そのため、「ゲームが趣味」「旅行が趣味」という今まで稼ぐことには直結しない趣味でも、「稼げる趣味」を作る土台となる非常に重要な趣味だといえます。

脱サラした後にやりたいこと5選

ここからは、私が脱サラ後にやりたいことを5つ紹介します。
欲をいえば、これらのやりたいことの中から、収益化できるものを作りたいと考えています。

私の趣味は、下記の私のプロフィールでも紹介していますが、「株式投資、ゲーム、アニメ鑑賞、読書(漫画・ラノベ)、ピアノ、囲碁」です。

あわせて読みたい
32リタイア男のプロフィール 当ブログの管理人である32リタイア男と申します。 このブログは、脱サラを考えている方に対して、30代貯金2000万円で脱サラした私の経験談を発信するブログです。 「32...

こうした趣味から、私はリタイア後に次のことをやりたいと考えています。

  • ゲーム製作
  • 小説の執筆
  • 作曲
  • イラスト作成
  • プログラミング

ゲーム製作

ゲームが好きな人は、一度は自分でゲームを作ってみたいと考えたことがあるはずです。
ただ、ゲームを作る難易度が高いため、仕事にしようと考える人は少ないでしょうが。

私も正直、サラリーマンとしてゲームを作る場合、自分のペースで進められるなら良いとは思いますが、大体無茶なスケジュールで徹夜しながら作るイメージがあるため、そこまでしたいとは考えていません。

しかし、自分のペースで製作する分には楽しくやれそうだと考えています。
ゲームで稼ぐのは難易度は高いでしょうが、稼げる可能性はある趣味だと考えます。

小説の執筆

私のプロフィールを見れば想像は付くでしょうが、私はオタクです。
そして、(サブカル系の)オタクは一度は小説を執筆したことがあります!(私の独断と偏見です)

私も執筆自体はしたことがありますが、継続力が無いため途中で挫折しました。
しかし、私は挫折しても再挑戦することがよくあります。
(ブログやプログラミングも再挑戦です)

今は小説の執筆に時間を当てる気力がありませんが、いずれまた執筆したいと考えています。

作曲

私はピアノが弾けます。

弾けるとはいっても作曲ができるレベルではなく、「楽譜を見て練習すれば曲が弾ける」「簡単な耳コピならできる」といったレべルです。

ただ、ドラムやギターなどの音源無しで、ピアノだけのAメロやサビの部分だけといった、簡単な作曲ならできると考えています。

これも今は作曲に時間を当てる気力がありませんが、いずれ作曲したいと考えています。

イラスト作成

私はオタクです。
そして、(サブカル系の)オタクは一度はイラストを(以下略

正直に言います。私はイラストを描いた経験はほぼありません。
イラスト作成はやりたいことには挙げても、一番スキルがない項目です。

ただ、これまで挙げたやりたいことを見て、何となく気付いた方もいるでしょう。

「ゲーム製作」「小説の執筆」「作曲」「イラスト作成」

これらが一通りできるようになれば、個人でRPG(ロールプレイングゲーム)が作れます!

いわば、この4つのやりたいことは「ゲーム製作」の1つに集約できるといっても良いです。

別にイラスト作成が嫌なわけではありませんが、イラストで稼ぎたいと考えるほどではありません。
しかし、他の趣味との掛け合わせで、イラスト作成もやりたいという考えを持ちました。

プログラミング

プログラミングは非常に応用性の高いものです。

プログラミングを身に付ければ、それだけで稼ぐことは可能ですし、私が学習しているゲームの製作にもプログラミングを使っています。

もし、万が一、億が一にも私の作ったゲーム・小説・曲・イラストが売れるようなことがあれば、プログラミングでECサイトを構築して、自作Webサイトで自作商品の販売ができるようになるかもしれません。

また、上記4つのやりたいことと組み合わせて、アニメーションも作れるかもしれません。

ただプログラミングがやりたいというわけではなく、将来的にそうしたやりたいことを実現したいという思いから、私はプログラミングをやりたいと考えています。

以上が、私が脱サラ後にやりたいこと5選です。

これから脱サラを考えている人は、自分が何をやりたいのか深堀りしてみるのも良いかもしれません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる